読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふま。のチラ裏

ハロプロ(主に娘。)現場で感じた感想やハロプロについてアレコレ 思い立った時しか書きません

秋ツアー 初見の思い出し書き(ネタバレあり

秋ツアーを見て数日してからちょいちょいと。

 

 

今回のツアーでは歌を聴かせることに重きを置いた感じのコンサートで、歌について考えたり。

といってもまったく音楽かじった事ない一般人の感想である

 

歌の楽しみ方も、ちょっと上手くない子の上達ぶりに眉をひそめる、抜群に上手い子の歌に聞き惚れる、新しくパート任された子の歌に驚いたり、ユニゾンの組み合わせの妙を楽しむ等等、色々あるものだなーと改めて。

 

楽しい。

 

印象に残ってたいくつかだけど、まず全員曲における変化としてユニゾンがイメージ結構変わったのを感じたな。鞘師ズッキが抜けてそれを補う形で工藤の声が目立つように?感じた。

 

 

低音って出ないもんだなってどこのグループの歌聞いてても思うけど、そこで鞘師の希少性を感じる部分はある。

素人の勝手なイメージだけど、抑え付けるようにしてどの子も低い音だしてる感じがあって、そうなると響きがないというか単純に音量が下がってまう。もしくはガナってしまってちょっと下品な歌になる感じ。

まーちゃんとふくちゃんが相変わらず低音に苦労してるというか低音になるとどうしても篭りがちかな?と思う部分はあったけど、どう変わっていくのかしらね。

 

 

その点鞘師は高音弱かったけど低音は腹の底からわいてくるような声を出せてたなと。

また聞きたいね?待ってます。

 

 

 

 

 

ツイッターでも書いたけど、今回のツアーのセトリに入ってるブレインストーミングで、ふくちゃんがれいなから貰ったパートである「普段通りしてれば褒められるタイプ」がとっても良かったというのを脳内メモしてた。

着実に成長を続けるふくちゃんであるが、今年入ってからの変わりようはどうしたものか・・・と。

ふくちゃんの歌聞いててグッと来る瞬間が何回もあったんだよね。その度に謎にウンウンと頷いていた。

 

 

まーちゃんに関してはあのまーちゃんがこんなことしちゃうの!?というギャップで評価される時期はそろそろ終わりを迎えている。(俺の中では)

まだ1公演2階最後列からしか見てないけど今回は結構苦労してるように見えた。喉の不調は継続中だけど、それが終わる頃グッとよくなるのかな?

WiLの見せ場は今回とうとう足の蹴り上げまでやりだして最高にロックだった。

いつまでもファンタジスタでいて欲しいと思ってるのでその部分は失わないで欲しいなーと。

 

 

 

 

今回のツアーでもちぇるの歌がイイの。彼女の歌はかなり癖はあるけど変に凝ってないというか、自分の今出せるのはこれです!とやってきたこと全てをぶつけてくるイメージ。

彼女の歌のどこに惹かれるのかってよくわからないけど、あの響きの良さというか歌の立体感?よくわからん。何回も聞きたくなるパート、瞬間がある。凄い伸び白を感じてしまう。

 

 

はーちん、ピッチが大分取れるようになってきて、ようやくこっからクるな?という勢い。元からできるこだと思ってるし(勝手に)、ポンコツで終わる気はないという主旨の発言もしてるから今後まじで期待してる。体型も少し戻してて一安心。

 

 

今回は91011期にはメドレーでソロを与えられていて、自分が見たのはBパターン。

だーいしのガラスのパンプスが歌、ダンスどちらもイイモノであった。会場から出てきた他の人もみんな口揃えて言ってたね。まじでハマってたな。詳しく言いようもないから生で見て欲しい。

 

 

 

Aパターンおださくの「ウソつきあんた」が早く聴きたい。彼女の歌と初期曲の相性はめちゃいい気がしてならない。

 

 

 

今回のツアーはスルメのように入れば入るほど味が出てきそうなコンサート、という感触あるから早く次入りたいなぁ。

 

 

終わり方わからないけど忘れないうちに書いておきたくなった。この辺で~。